のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス投資」とかについて。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。

仕事は週2日で週休5日くらいがちょうどいい

2016/10/20


仕事は週2日で週休5日くらいがちょうどいいのかなと思っています。

 

企業の正社員などは週5日で週休2日という働き方が一般的ですが、これは働き過ぎです。

 

理由としては、(画面越しの私とあなたをはじめ)世界中の人が毎日「もう働きたくない」と思いながら仕事をしていることが何よりの証拠でしょう。

 

それでは、週4日で週休3日くらいならどうかと言うと、これは国民の祝日がある週などは自動的にそうなるわけですが、自分がサラリーマンだった時のことを思い出してみてもやっぱり少し多いかなと思います。

 

理由としては、国民の祝日がある週などは「なんか今週は早かったな~」とは思うものの、やっぱり次の土日が待ち遠しいものだからです。

 

それなら週3日で週休4日くらいが良いのか言えば、う~ん、最初こそ結構いい感じかもしれませんが、なんだかんだで「やっぱりもう少し休みたいな」と思うような気がします。

 

もう理由は特にないんですけど、なんかそんな気がします。

 

そう考えると、やっぱり週2日で週休5日くらいがちょうどいいですね。

 

まー、週1日で週休6日でも良いんですけど、仕事をしな過ぎるのはしな過ぎるので良くないこともあります。

 

全く仕事をしない生活

数億円のキャッシュを手に入れて死ぬまで生活できるお金を手にした場合、(必要な資金はその人の生活レベルによりますが)あくまでも経済的にはこれ以上仕事をする必要がなくなります。

 

ただ、多くの成功者が巨万の富を手にした後も(ペースは抑えたりしながらも)働いているように、全く仕事をしない生活というのは張り合いがなくて面白くないのです。

 

退屈・暇を回避して幸せなセミリタイア生活を送るために必要なモノでも書いた通り、同じような環境の友人がたくさんいたり、ガッツリした趣味があれば話は別かもしれませんが、何もすることがないというのは逆に辛かったりします。

 

人間は社会的な動物なので、やっぱり社会との接点は必要なのでしょう。

 

サラリーマン生活が長ければ長いほど、「(仕事で)誰かの役に立っている」という感覚が急になくなると寂しくなっちゃうんですね。

 

そういうわけで、もし宝くじで当選したとしてもやっぱり週2日で週休5日くらいは仕事をした方が良いと思います。

 

1年のうち3/4はリゾートでのんびりして、1/4は働くみたいな生活もアリかもしれませんね。

 

セミリタイア後の仕事

現在は会社を辞めてプチセミリタイア中です。

 

以前、セミリタイア後(退職後)の仕事についてという記事を書きましたが、 本当はもっと精力的に色々と活動する予定でした。

 

ただ、現在はリハビリ期間中ということでこれでもかというくらいダラダラしています。

 

アフィリエイト関連で外注先の方々とやり取りをすることはあるものの、1日数分程度なので働いているという感覚はありません。

 

いつ働くのか、どこで働くのか、どれくらい働くのか、その辺を自分で選べるアフィリエイトはセミリタイアと相性が良すぎるのです。

 

最近は失った青春を取り戻すかの如く旅行に行ったり友人に会ったり、映画や本に没頭する生活でそれなりに楽しいのですが、1年もすれば飽きるでしょう。

 

というか、もう既に飽きはじめているような気もします。

 

あれほど欲していた生活スタイルなのに。

 

やっぱり少しは働かないと。

 

そんなもんです。

-日常