のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス(+米国株)投資」など。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。


サラリーマンは禁煙をしない方がいいと思う理由

サラリーマンは禁煙をしない方がいいと思う理由

 

どうも、ふと思い立ち禁煙中の管理人です。

 

禁煙を始めて、気付けば約1ヶ月が経過しました。

 

この先どうなるかはまだまだわかりませんが、なんとか続いているという感じです。

 

ちなみに嫌煙家になったわけではありませんし、禁煙を推奨したいわけでもありません。

 

むしろサラリーマンに限っては煙草を吸った方がいいとすら思うんですよね。

 

ということで、愛煙家の皆様におかれましては安心して読み進めて下さい。

 

サラリーマンは禁煙しない方がいい

「タバコは百害あって一利なし」とか言われますが、サラリーマン時代は禁煙をしようなんて思ったこともありませんでした。

 

基本的には煙草なんて吸わない方がいいわけですが、サラリーマンは禁煙をしない方が得だと考えていたからです。

 

喫煙者の場合、平均すると1時間に1回くらい煙草を吸う人が多いと思います。

 

大抵はビルの内外にある喫煙所みたいなところへ行くことになるのですが、注目すべきはこの時間も勤務時間にカウントされるということです。

 

多くのサラリーマンというのは実質的に時給制ですから、私はこれを滅多に存在しない完全なフリーランチだと捉えていました。

 

「フリーランチ(タダ飯)はない」。これはハーバード大学のマンキュー教授が自身の教科書で「経済学の10大原理」の冒頭に掲げた言葉です。何かを得るには何かを犠牲にする必要があり、タダに見えることにも隠れたコストがあることを意味しています。

 

例えば時給3,000円のサラリーマンが10分間かけて煙草を吸った場合は3,000*10/60=500円の経済、1日に10本吸いに行けば5,000円の経済、こう考えるとなかなかデカいと思います。

 

煙草を吸いながらスマホでゲームをしている間にも給料が発生するのですから、こんなにうまい話はありません。(煙草もうまくて一石二鳥)

 

私が勤めていた会社には、家では全く吸わないのに会社でだけ吸う猛者(時間稼ぎ)や、煙草吸いまくり&残業しまくりの猛者(残業代稼ぎ)もいましたよ。

 

その人達は全く仕事が出来なかったので周囲からは死ぬほど嫌われていましたが、個人的にはその徹底して経済合理的な振る舞いには畏怖の念すら抱いたものです。

 

普通の感覚で考えれば「喫煙者だけ休憩時間が多い≒実質的な時給が高い」というのは非喫煙者からすれば面白くない真実でしょうし、腹が立つ気持ちも凄くよくわかります。

 

しかし、よく考えてみて下さい。

 

私も、あなたも、人というのは自分の利益を最大化するために生きています。

 

いや、それは決して人だけではなく、企業や、国家だってそうじゃないですか。

 

私達はそういう残酷な世界を生きているという真実から目を背けないで下さい。

 

資本主義社会においてサラリーマン(=労働者階級)というのは常に搾取される側ですから、奴隷同士でいがみ合っても仕方ないのです。

 

サラリーマン(=労働者階級)の敵はサラリーマン(=労働者階級)ではなく、資本家階級であることを忘れてはいけません。

 

まずはゲームのルールを理解して、本来であれば協力し合うべきでしょう。

 

 

アレ、何の話でしたっけ。

 

ついつい興奮しちゃって、スイマセン。

 

ニートや無職は今が禁煙のチャンス

一方で、現在の職業がニートや無職の方は「煙草を吸ってるだけでお金をくれる人」はいないし、禁煙のチャンスです。

 

もちろん別に禁煙したいと思っていないのであれば禁煙なんてする必要はありません。

 

ただ、もし禁煙したいと考えているのであれば、ニートや無職は圧倒的に恵まれた環境にいると思います。

 

そもそもサラリーマンとは違い働いていないわけですから、煙草を吸って解消したいストレスなんてないですよね?

 

私が禁煙を開始した理由もこれで、もうこれ以上のタイミングはないだろうなと。

 

禁煙セラピーでも読んで、最初は辛いですが気合いと根性でやめちゃいましょう。

 

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー

 

大体、1ヶ月もすれば楽になりますよ。

 

 

のーまねー、のーすもーきんぐ。

 

今日は以上です。

-サラリーマン日記