のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス投資」など。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。


転勤は現在の駄目な自分を変える絶好のチャンス

10月1日付の人事異動で福岡から神戸へ転勤となりました。

 

現在も引っ越し準備中なのですが、私の場合は個人事業主としての手続きもあるため、こればっかりは何度やっても面倒臭くて嫌なものです。

 

とはいえ、日本全国47都道府県はもちろん、海外への転勤だってある良くも悪くも大企業において、神戸という相対的に住みやすいところへ転勤することができてホッとしています。

 

同じ部署から同じタイミングで異動する同僚達は日本国内の片田舎へと飛ばされていました、おお、こわいこわい・・・。

 

転勤は嫌ですか?私は嬉しいです。

貴重な20代のうちの約2年間を過ごした福岡ですが、物価が安いのに飯は旨く、スーパーコンパクトシティで移動も楽ちんでした。

 

私の住んでいる天神から福岡空港までは電車で約10分、空港へのアクセスが良かったため上司からの嫌味を受け流しつつ海外旅行は直近の約2年間で10ヶ国(入国ベース)行きました。

 

非常に住みやすくて、居住する土地としては気に入っていましたし、また、仕事やプライベートで仲良くなった方々とは離れ離れになってしまうので今後はなかなか会えなくなるのも寂しいの一言です。

 

しかし、現在の仕事には心の底から飽き飽きしていたので(最初は凄く楽しかったのですが、どうやら私は飽きやすい性分のようです・・・)、このまま続けていても給料以外に得られるものはないだろうなと身勝手ながら思っていました。

 

そんな折の辞令です、送別会で私のファンだった女の子たちが泣いていても全く感傷的にはなれません、ノマド(nomad)=遊牧民の如く、更に良い人生を送るために次の土地へと移動(異動)します。

 

副業のアフィリエイトに関しても最近は少しマンネリ気味(?)になっていると感じていたので、環境を変えることで飛躍に繋がるような新しい着想を得られれば一石二鳥です。

 

偶然にも福岡出身で世界的にも有名な経営コンサルタントである大前研一は以下のようなことを言っています。

 

人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

大前研一

 

転勤というのは、(会社のお金で、しかも半ば強制的に)現在の駄目な自分を変える絶好のチャンスだと私は思っています。

 

この世界では、最も強い者が生き残るわけでもなければ最も賢い者が生き延びるわけでもありません、唯一生き残るのは変化に対応できる能力を有する者であり、転勤はその恰好なトレーニングであると言えるでしょう。

 

20代で貯金(総資産)が4,000万円を突破しましたが、現状には全くと言っていいほど満足していませんし、まだまだ変化し続けたいと考えています。

 

10月1日付で転勤になるサラリーマンの方々は多いと思いますが、みなさん、転勤は嫌ですか?私は嬉しいです。

 

というわけで福岡編はおしまいです、引き続き神戸編をよろしくお願いします。

 

ほんまおおきに。

-サラリーマン日記