のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス投資」とかについて。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。

大企業の仕事はつまらないしやりがいもないけど暇だし楽だから辞められない、でも辞めたい

現在、私はいわゆる超大企業に勤めています。

 

私が勤めている大企業における仕事はつまらないしやりがいもないのですが暇だし楽なので離職率なんて他所では聞いたことがないくらい低いです。

 

離職率の低さについて、新入社員の頃は全くイケてない先輩や上司を見ながら「他所の企業で通用するようなスキルを身に付けていないから(身に付かないから)転職できないだけ」と斜に構えた考え方をしていましたが、現在は「暇だし楽なのになまじ給料が良いのでわざわざ精神力と体力を削ってまで茨の道を進む必要がないだけ」と一層斜に構えた考え方もできるようになりました。

 

驚くべきは、私が勤めているような大企業では成果を上げている人間も成果を上げていない人間もそこまで給料が変わらず、それが(年を取れば取るほど)おしなべて高いのです。

 

特に、やる気が出る出ないに関わらず、仕事は頑張らないなどと腹を括っている駄目な奴は難易度の高い仕事を任される機会も訪れないため、暇だし楽なのに給料がそれなりに良いという甘美な世界が待っています。

 

その労働対効果の高さたるや一度足を踏み入れたが最後、通常の人間であれば辞められません。

 

既に「大企業=安定」の時代ではないと言われて久しいですが状況は未だ変わっておらず、極一部の出鱈目なところを除きまだまだ大企業の正社員というポジションはそう簡単には奪われません。

 

はっきり言って非常に美味しいのです。

 

でも、やっぱり辞めたい

私はそんな大企業を一刻も早く辞めたくて仕方がありません。

 

理由は、つまらないしやりがいがないからです。

 

学生時代から貴重な青春を犠牲にしてまでベンチャー企業で仕事をしていた意識高い系の私があえて大企業に入ったのは「ベンチャーと違って定時で帰れそうなので副業もできるし、将来の起業そしてセミリタイアに向けた準備に時間を費やせそうだから」という極めて歪んだ発想からでした。

 

ここで急に真面目の話をすると、仕事がつまらないとかやりがいがないとかは大企業だからではなく突き詰めればいつだって本人のせいなのですが、私の場合は自分からそうなることを期待して暇だし楽そうだからという理由で大企業を選んでいます。

 

予想は完璧に的中し、副業のアフィリエイトがワークし始めて全て外注に出すまでは良かったのですが、その後はダラダラと無為な時間を過ごしがちで下手したらこのまま定年まで会社にしがみつきそうな勢いで評価もされていますしサラリーマンも板についてきました。

 

ただ、つまらないしやりがいもないと思いながらおじーちゃんになるまで仕事を続けてそして死んでいくだけの人生なんてやっぱりどう考えても真っ平御免です。

 

「若いうちにひたすら我慢すればその対価としてそこそこ裕福なおじーちゃんになれるよ」という取り引きは全然魅力的ではありません。

 

20代も残りあと僅か、やっておきたいことは山ほどありますので、傍から見ればオッサンでも自分自身ではまだまだ若いと思えるうちに、そんな大企業を早く辞めたいと思います。

-サラリーマン日記