毎月50万円くらい稼ぐアフィリエイターの記事外注サービス

というやつを運営してます。今日も元気に営業中。

詳細はこちら

仮想通貨大暴落と投機・ギャンブルを馬鹿にする貧乏人

 

仮想通貨市場が大暴落しています。

 

年初には200万円台をつけていたビットコインですが、重要なサポートラインを突き破り一時40万円を割り込むなどバブル崩壊の様相を呈しています。ガチホを合言葉に含み損を膨らまし続けている投機家・ギャンブラーは高い授業料を支払う羽目になりました。

 

さて、こうなると昨年の人類史上最大と言っても大袈裟ではない大暴騰を指をくわえて見ていることしかできなかった人間たちは鬼の首でも取ったかのように「ほれ見たことか!」と死体を蹴り始めます。そう言うなら全力で空売りすれば良かったのに。

 

やれやれ。

 

投機・ギャンブルを馬鹿にする貧乏人

私達が虎の子のお金を元本割れのリスクもある金融商品ないしは類似商品に投じる理由は何なのでしょうか。極一部の人間にとってはそれ自体が仕事や趣味にもなりえますが、それ以外のほとんど全ての人間にとっては“結果としての利殖”が目的です。

 

インデックス投資家などのブログを読んでいると、「インデックス投資こそが資産運用における聖杯であり、仮想通貨やFXはゼロサムゲームの投機・ギャンブルである=手を出さないほうがいい」みたいなことがよく書かれています。

 

ところで、個人のインデックス投資家はお金持ちではないことが多いです。年率で数%しか期待できないのですから仕方がありません。例外的にお金持ちなのは、ある程度の年齢に到達しているか(複利)、投資元本がデカい高給取り(入金力)のみです。

 

インデックス投資は儲からない?インデックス投資信者≠お金持ちという現実
どうも、自分ではインデックス投資ブロガーだと思っている「のーまねー、のーふりーだむ」管理人です。 数年前と比べてインデックス投資ブログも増えてきましたが、私は天邪鬼な性格なのでみんなが「これ良い!」と言い始める...

 

私も資産運用の中核にインデックス投資を取り入れていますし、分散は株式投資における唯一のフリーランチだと思っています。期待リターンこそ平凡ですが、株高の今において負けているインデックス投資家もいません。インデックス投資は紛うことなき勝者のゲームなのです。

 

 

一方、いわゆる億り人・億トレと呼ばれるようなお金持ちのブログを読んでいると、お金持ちになる過程では数銘柄に集中投資をしていたり、更には信用取引でレバレッジをかけていた方ばかりです。自覚の有無はわかりませんが、はっきり言って投機・ギャンブルに近いでしょう。

 

上記の現象をインデックス投資家が説明すると「億り人・億トレはジャンケン大会の勝者に過ぎず、その影には無数の屍が横たわっている=手を出さないほうがいい」ということになります。至極もっともですが、“結果としての利殖”に成功していない以上は不戦敗です。

 

こんなことを言っている私もお金持ちと言えるようなレベルではありません。それでも年齢の割には満足できる資産を築くことができましたし、そのほとんどは事業も含めて投機的・ギャンブル的な行為で勝ち得たものです。

 

私の周囲を見渡してみても、若くしてお金持ちになった人間はすべからく投機的・ギャンブル的な行為で“結果としての利殖”に成功しています。例外はただの1人も知りません。

 

ちなみに、成功した人間に過去を振り返らせると「勝算が高かったから賭けた」とかもっともらしいことを饒舌で語りますが、大抵は勘違いで運の要素が大きい(再現性が低い)と思った方がいいです。

 

投機・ギャンブルは愚かで悪いことなのか

投機・ギャンブルは愚かで悪いことのように表現されることもありますが、短期間で爆発的に稼ぐためにはどうしても避けて通れません。

 

資産運用の目的は“結果としての利殖”です。多くの個人投資家にとって、勝者であることは必要条件ですが十分条件ではないのです。

 

100万円が105万円になっても人生は何も変わらないでしょう。もちろん、人生が変わらなくてもいいのであれば無理して投機・ギャンブルに手を出す必要はないと思います。インデックス投資などで時間をかけてお金持ちになるのは難しくありません。

 

一方、仮想通貨やFXでは株式投資と比較しても大きなレバレッジをかけることができます。ボラティリティも高いため、投資元本が少ない若者でも一発逆転のチャンスがありました。但し、多くの場合は負けて終わります。

 

仮想通貨やFXはみんなで持ち寄ったお金を奪い合うだけのゼロサムゲームなので、構造的に極一部の勝者と圧倒的多数の敗者で構成されます。これを以ってプレイヤーは愚か者扱いされるわけですが、ゲームに参加しない限り勝つ確率も0%ということです。

 

インターネットが生み出した有名人の中には、FXトレードで10万円を6億円まで増やした成功者もいます。恐らく、仮想通貨やFXを汚い言葉で批判している頭の良い人間では一生かけても稼げない金額でしょう。

 

ちなみに、FXで10万円を6億円まで増やした彼の場合、最後は全てを失い退場してしまったそうです。僅か数ヶ月間の出来事でした。やはり投機・ギャンブルで勝ち続けることは難しいので、勝ち逃げする勇気(もしくは資金管理)も大事だと思います。

 

投機・ギャンブルを馬鹿にする貧乏人が多くて嫌になりますが、それ以上に投機・ギャンブルのせいで貧乏になる人間の方が多いことも忘れないようにしておきましょう。

 

 

今宵も地獄の釜の蓋で踊り狂うすべてのギャンブラーに乾杯。

 

今日は以上です。

コメント

  1. yuko より:

    仮想通貨が大暴落ですか…。
    まだまだ好調な流れが続くと思ってたのでビックリしました。
    今後の動向も気になりますね!