のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス投資」など。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。


量産したアフィリエイトサイトの更新(記事の追加)について

副業のアフィリエイトにおいて、私の基本的な戦略はサイトの量産です。

 

数打ちゃ当たるの理論でとにかく作り続けます。

 

その中から、稼いでくれるアフィリエイトサイトが生まれるのを待つわけです。

 

上記のようなスタイルを取っているアフィリエイターはたくさんいますが、量産したアフィリエイトサイトはその後ちゃんと更新していますか?

 

量産型アフィリエイターの悩みの1つとして、保有サイト数が多過ぎて過去に制作したサイトの管理が面倒臭いという点があります。

 

しかし、せっかく稼いでくれるアフィリエイトサイトが生まれても、更新をせずに放置してしまうと検索順位も徐々に下がってしまうことが多いので、最低限の更新(記事の追加)は必要です。

 

記事の追加はSEO的にも良いことですから、新しいサイトをバシバシ作るのと同時に、たまには過去を振り返りましょう。

 

私はと言うと、更新するサイトもあれば更新しないサイトもあるのですが、どのような基準で更新するサイトを選んでいるのかお伝えしたいと思います。

 

A8.netの広告で量産したアフィリエイトサイトのうち、更新するサイト、更新しないサイト

A8.netの広告で量産したアフィリエイトサイトのうち、更新をするのは「成果が発生しているサイト」だけにしています。

 

いくらアクセス数が多いサイトでも、成果が発生していないサイトは更新しません。

 

成約しないサイトのアクセス数を増やしても収入には繋がらないですし、保有サイト数が多過ぎてアクセス解析を見るのが面倒臭いからですwww

 

A8.netの場合、新レポートβ版のコンバージョンリファラレポートというツールを使えば、それぞれの成果ごとに“どのサイトから発生しているのか”を簡単に確認することができます。

 

【参考】
新レポートβ版 - A8.net

 

上記のデータを参考にしながら、成果が発生しているサイトについては月に1回程度の更新頻度で記事を追加するようにしています。

 

アドセンスの広告で量産したアフィリエイトサイトのうち、更新するサイト、更新しないサイト

アドセンスの広告で量産したアフィリエイトサイトのうち、更新をするのは「稼いでいるサイト」だけにしています。

 

至ってシンプルですが、「アドセンス=ほったらかし」という嘘八百に騙されて、せっかく稼いでくれるサイトができてもその後は全く更新していないというアフィリエイターもいるのではいでしょうか。

 

アドセンスの場合、パフォーマンスレポートのサイトレポートというツールを使えば“ドメインやサブドメイン単位の収益額”を確認することができます。

 

【参考】
サイト レポートについて - AdSense ヘルプ

 

保有サイトの中で収益額が上位20%のサイトを稼いでいると定義するのか、もしくは収益額が1万円以上のサイトを稼いでいると定義するのか、その辺はあなた次第です。

 

とにかく、過去に作ったサイトをそのまま放置し続けるのはSEO的に良くありませんので、量産型のアフィリエイターも月に1回程度の更新頻度で構わないので記事を追加するようにしてみてはいかがでしょうか。

 

自戒の念をこめて、生き馬の目を抜くようなアフィリエイト市場から退場させられたくないのであれば・・・。

-アフィリエイト日記