のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス投資」とかについて。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。

会社を辞めようかなと思っています

会社を辞めようかなと思っています
標記の件、私事で大変恐縮なのですが、近いうちに会社を辞めようかなと思っています。

 

以前、大企業の仕事はつまらないしやりがいもないけど暇だし楽だから辞められない、でも辞めたいでも記事にしましたが、私が勤めているのはいわゆる超大企業です。

 

給料については申し分ありません、ミドル層には仕事がデキない人も多いですがそんな人にも優しい会社で、誰にとっても居心地が良いように上手く設計されているなと感心します。

 

ただ、人生の節目である30歳を目前にして、もうそろそろいいんじゃないかなと、なんとなく思ってしまったのです。

 

会社を辞めようかなと思った瞬間、その理由

先月、副業であるアフィリエイト(関連)の売上が100万円を超えました。

 

 

毎朝眠い目をこすりながら早起きしては(およそ嫌々)会社へ行っている自分にとって、緊張の糸がプツッと切れるような瞬間でした。

 

「副業でこれだけ稼げているのだから、もう会社を辞めても十分乃至は余裕でやっていけるのではないか?」

 

今月も、現在のペースなら副業だけで100万円以上は普通に稼げると思います。

 

来月も、再来月も、多少は前後すると思いますが100万円くらいは稼げるでしょう。

 

このブログでは総資産公開も行っており、自分で言うのもアレですが、これだけあれば仮に収入が0になってもしばらくは(10年単位で)なんとでもなります。

 

上記のように「経済的にイケそう」と確信したのが、会社を辞めようかなと思った最大の理由です。

 

大企業を退職して後悔しないか?

安定している(年功序列の崩壊なんてどこ吹く風で内部留保を溜め込んではより強靭になっていく)大企業を辞めようとするにあたって唯一の懸念は、「5年後や10年後、もっと言えば30年後に後悔しないか?」という一抹の不安です。

 

このまま適当に仕事を続けているだけでも年収は800万円、1,000万円と自然に増えていきますからね。

 

トントン拍子で出世して役員にでもなろうものなら、年収こそ5,000万円くらいがアッパーだと思いますが親族くらいの中では憧れの的になれるかもしれません。(ただ、その時は無残にも50歳のおじいちゃんです)

 

もちろん5年後や10年後、ましてや30年後のことなんて誰にもわからないので、その時その時でベストだと思う選択をしていくしかないということも頭ではよく理解しています。

 

ただ、いざ会社を辞めようと思った時、「せっかく入った大企業を辞めるなんてもったいない!」という気持ちが少なからず湧いて出てくるのも事実です。

 

安定した収入という面でもそうですし、より現実的な問題として大企業の正社員というのは合コンでもよくモテるからです。(半分冗談半分本気)

 

会社を辞めてどうするか?

SEOを意識しつつ長々と書いてきましたが、結論としては冒頭と変わらず近いうちに会社を辞めようかなと思っています。

 

別に会社をやめることそれ自体が目的ではありませんので、常に大事なのは「会社を辞めてどうするか?」です。

 

正直言って、具体的なことはあまり決まっていません。

 

元々、私はセミリタイア志向が異常に強く、1年以上前に本当は20代でセミリタイアしたかったという記事も書きました。

 

現在も基本的な考え方は変わっていませんので、しばらくは海外旅行(憧れの世界一周)に出かけてみたり、昔から興味のあった英語やプログラミングの勉強をしてみたり、好きなことをやりながらのんびり過ごすのも良いかなと思っています。

 

ただ、それだけではさすがにつまらなくて飽きるでしょうし、もっとお金も稼ぎたいので、現在は副業であるアフィリエイト事業を更に拡大してみたり、全く別の新しい事業を立ち上げてみたりする予定です。

 

いわゆる独立や起業に強く拘っているわけでは全くありませんので、私自身が心からワクワクできるのであれば、どこかの企業に雇われて働くのもアリだとすら思っています。(次はスタートアップが良いですね。雇ってもらえるかどうかは別にして。)

 

偉人の言葉を借りるのであれば、もしその日が自分の人生最後の日だとしても、その日やる予定を本当にやりたいと思える、そんな生き方を今後はしたいです。

 

まー、まだ辞めてないんですけどね。

-サラリーマン日記