のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス投資」とかについて。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。


含み損にいくらまで耐えることができるか(とあるインデックス投資家の場合)

Loss
昨夜は欧州株や原油相場の上昇を受けてNYダウが6日ぶりに反発しましたね。

 

日経平均株価も週明けは先物主導で多少反発すると思いますが、それにしても金曜日の終値は1年4ヶ月ぶりの1万5千円割れ。

 

ホッとひと安心できるような状況では全くなく、市場は阿鼻叫喚の様相を呈していると言っても決して過言ではないでしょう。

 

インデックス投資の含み損が約400万円に膨らみました

インデックス投資家を標榜する私ですが、最近は「ここで買える奴だけが勝ち組になれる!」とばかりに落ちるナイフ掴み取り大会にエントリーをしては更に下がるという元気で健やかな日々を送っています。

 

そんな中、インデックス投資の含み損が約400万円に膨らみました、恐らく現在サラリーマンとして稼いでいる手取り年収くらいの金額ではないでしょうか。

 

総資産を鑑みればたったの1割にも満たない金額とはいえ、まだ20代の私からすれば十分過ぎるほどの大金です。

 

しかし、良いことなのか悪いことなのかわかりませんが、このような状況でも「インデックスファンドを安く買えて嬉しい」とか「総資産が減って悲しい」とかはなく、全く実感がないというか、平たく言えば何も感じていません。

 

インデックス投資の含み損にいくらまでなら耐えることができるか

ふと、インデックス投資の含み損にいくらまでなら耐えることができるか考えてみたのですが、私の場合は1,000万円でも2,000万円でも問題なく耐えられると思います。

 

理由は簡単で、インデックス投資はあくまでも余剰資金で行っており、それ以外の本業や副業から安定したキャッシュフローは確保できているため、いくら含み損が膨らんでも実生活に一切影響がないからです。

 

また、「そう遠くない未来から振り返って見れば昨年も今年も来年もバーゲンセール」だと信じているから。

 

そんな感じで、市場の調整がいつまで続くのか予想しても仕方がないと考えているので(どうせ当たらないし、当たったとしても偶然なので)、今後も溢れ出てくる購買意欲に従い本業や副業から得られるキャッシュフローで追加投資を継続していきます。

 

過去に資産運用はしないと決めていた私がインデックス投資を始めたきっかけで書きましたが、私は神のお告げによって(腹を括って)インデックスファンドによる世界分散投資を始めました。

 

別に日本の成長には期待していませんし、アメリカや中国、その他の国やどこかの通貨に賭けているわけでもなく、「人間の欲望が無限である限り、資本主義によって世界経済は全体としては緩やかに、しかし今後も力強く成長していく」という信念にベットしているのです。

 

なんか良いこと言えた気がするので、今日は以上です。

 

※まさかの大どんでん返しで資本主義が崩壊した場合、株価が上がったとか下がったとか資産が増えたとか減ったとか言っている場合ですらない次元の問題が発生するため想定しても意味がないと考えています。

-インデックス投資日記