のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス投資」とかについて。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。


副業のアフィリエイトで月に50万円くらい稼ぐ方法

2016/11/10

副業のアフィリエイトで月に50万円くらい稼ぐ方法
自分で言うのもアレですが、私は副業のアフィリエイトでそれなりに稼いでいます。

 

試しに直近3年間(2013年1月〜2015年12月)の確定実績を合計してみたところ、18,796,448円でした。

 

上記を36ヶ月で割ると522,124円、大体ですが平均して月に約50万円強の金額を副業のアフィリエイトで稼ぎ続けているということになります。

 

専業でやっているスーパーアフィリエイターにとっては大した数字ではないと思うのですが、平日は本業に勤しんでいるサラリーマンの私にとっては非常に大きな収入源です。

 

また、個人的には上手くビジネスを回せているとうか、投資対効果が高いというか、平たく言えば非常に楽して稼いでいると感じています。

 

紆余曲折ありましたが、現在やっていることはざっくり3つだけです。

 

➀紹介(獲得)するジャンルとプログラムを決める

➁アフィリエイト記事を外注する

➂WordPressで更新する

 

正確に言えば、➁は完全に外注しているので、➀と➂しかやっていないと言っても過言ではありません。

 

では、順を追って説明しますね。

 

➀紹介(獲得)するジャンルとプログラムを決める

私の場合、新しいアフィリエイトサイトを作る上で一番最初にやるのは 「紹介(獲得)するジャンルとプログラムを決める」ことです。

 

ある程度の初期投資(時間もしくはお金、または両方)ができて、最初から50万円とか100万円とかの大台を狙うのであれば、はっきり言ってジャンル選び・プログラム選びは難しくありません。

 

正確に言えば、そこまで選択肢は多くないといったところでしょうか。

 

以前、アフィリエイトの減収が止まらないので原因と対策を考えましたという記事でも書きましたが、基本的には以下の2点を抑える必要があります。

  • 報酬額の高いジャンル・プログラムでサイトを作成する
  • 承認率の高いジャンル・プログラムでサイトを作成する

例えば、「“FX”というジャンルの“○○証券”というプログラムをメインで紹介(獲得)していこう」、みたいな。

 

ただ、注意したいのは報酬額の高さは競合(他のアフィリエイター)の強さと思いっ切り正の相関関係があるので、例えば「月に10万円稼げればそれで満足!」というのであれば、報酬額は低くてもニッチなジャンルでプログラムを選択する方が近道になるケースも多いです。

 

私自身最初はそうしていました。

 

ただ、そのせいでなかなか100万円の壁を超えられないのかなとも思い、最近は成長をドライブさせるべく競合が非常に強い高単価のジャンルに参入しています。

 

アフィリエイト記事を外注する

紹介(獲得)するジャンルとプログラムが決まれば、次はアフィリエイト記事を外注します。

 

大学生の頃は自分で記事を書いていましたが、本業でも入社5年目ということでそれなりに責任のある仕事を任されている副業アフィリエイターの私には記事を書く時間がないからです。

 

(私が大学生だった頃の話 → 大学生だった私がアフィリエイトを始めたきっかけと稼げるようになるまでの道のり

 

外注とは言っても私の場合は少し特殊で、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスは利用していません。

 

特定のライター1人と専属契約をしており、現在は1ヶ月あたり数百記事という単位で大量に作成してもらっています。

 

もちろん経費は相当にかかりますが、それによって得られる時間を何よりも重視しているのと、自分1人で記事を書いていてはなかなか成長を加速させられないからです。

 

もっと言えば、私が自分で書くよりも良い記事を書いてくれるから、というのもあります。笑

 

キーワード選びについては、「“FX”というジャンルの“○○証券”というプログラムをメインで紹介(獲得)する記事を作って下さい」と伝えているだけです。(優秀なライターに出会えたことに感謝感謝)

 

既存のサイトに記事を追加する時などはGoogle アナリティクスも使いますが、基本的にはGoogleの関連キーワードを使って片っ端から記事を書いてもらい、その中で“○○証券”というプログラムを適当に紹介してもらいます。

 

1記事あたりの文字数は大体1,000文字くらいですね。

 

追記 → 需要がありそうなのでサービスにしました。

 

アフィリエイト記事外注サービスを始めました

 

➂WordPressで更新する

最後は、独自ドメインやレンタルサーバーを契約し、外注した記事をWordPressに入れて更新するだけです。

 

昨年、今後、アフィリエイトサイトは全てWordPressで作成しますという記事を書きましたが、結果的には大正解でした。

 

一時は30〜40万円近くまで下がっていたアフィリエイト収入も、アフィリエイトサイトをWordPressで作成するようになってからは60〜70万円まで復活しています。

 

宣伝するつもりはありませんが、テーマはこのブログでも使っているSTINGERやAFFINGER等、無料のものしか使っていません。

 

(追記)2016年9月からAFFINGERは有料になりました。通常6,500円ですが、下記リンクから購入すれば5,500円です。

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

 

アドセンスについては(ユーザーがアフィリエイトリンクではなくアドセンスに流れてしまうから)入れないという人も多いみたいですが、私はそういうことを考えるのすら面倒臭いのでほぼ全てのサイトに入れています。

 

毎月のアフィリエイト収入のうち、1/4~1/3はアドセンスによるものですね。

 

そんな感じで、大体1サイトあたり100記事〜300記事くらいの中規模サイトを量産しています。(ちなみに、一旦サイトが完成した後も成果が出ているサイトについては月に1〜5記事くらい追加するようにしています)

 

P.S

サテライトサイトやバックリンクサイトみたいなモノを作るのは随分前にやめました。(自サイト同士でリンクを張ることはあります)

 

そのためビッグキーワードでの上位表示は出来ていませんが、ロングテールのおかげでアクセス数は安定しておりその点も気に入っています。

 

あと、情報商材は1度も買ったことがありません、必要な情報は検索すればいくらでも出てきます。

 

以上、1日の作業時間は1時間くらい、副業のアフィリエイトで月に50万円くらい稼ぐ方法でした。

-アフィリエイト日記