のーまねー、のーふりーだむ

「副業のアフィリエイト」や「資産運用のインデックス(+米国株)投資」など。20代で5,000万円貯まったので一旦プチセミリタイア中。


2017年10月末の総資産・インデックス投資損益を公開します

 

ズバリ答えよう。

金と名誉を捨てたら人間の"生命"が残るんだ。

つまり、人間の本当の存在だけが生きる。

金と名誉を否定したところに、人間の本当の出発点がある。

岡本太郎

 

実を言うと、私はあまりお金が好きではないというか、どちらかと言えば嫌いなのかもしれません。

 

ある程度のお金は必要だと考えていますが、それだって、それによってお金のことを考えずに済ませたいからに他ならないのです。

 

とりわけ、お金を稼ぐためだけに好きでもない仕事をするのは時間の無駄(命への冒涜)であり、肉体的には働いていても精神的には怠惰であると思います。

 

経済的な自由を手に入れた後にやりたいと思ったことが本当にやりたいことであると同時に、その状態こそが自分の本性です。

 

お金儲けに無上の快感を覚える方々がいても一向に構いませんが、私の場合は自分の本性を知りたい、それに従いたいという好奇心以外ありません。

 

はー、それにしてもお金が欲しいのですがなんとかなりませんかね。

 

2017年10月末時点の総資産・インデックス投資損益を公開します。

 

2017年10月末の総資産(1万円未満は切り捨て)

資産分類 金額
リスク資産 約57,070,000円
無リスク資産 約18,750,000円
合計 約75,820,000円

 

2017年10月末の総資産は約75,820,000円という結果でした。

 

先月末(2017年9月末の総資産・インデックス投資損益)と比較するとプラス約1,580,000円です。

 

16ヶ月連続で過去最高記録を更新しまして、5,000万円から1億円までの道程としては折り返し地点に当たる7,500万円を超えることができました。

 

30代で貯金(総資産)が7,500万円を突破しました

 

引き続きこれといった努力もせず勝手に増えてくれることを祈るばかりです。

 

以下、リスク資産の運用状況です。

 

2017年10月末のインデックス投資損益状況

評価指標 金額(投資信託+株式)
取得額(a) 52,661,505円
評価額(b) 57,071,177円
評価損益額(b-a) +4,409,672円
評価損益率(b/a-1) +8.37%

 

先月末と比較すると、評価損益額はマイナス994,983円、評価損益率はマイナス1.56%という結果でした。

 

10月は日経が史上初の16連騰、NYダウも好調な企業決算を背景に過去最高値を更新し続ける相も変わらずのブルマーケット。

 

それなのにも関わらず評価損益が100万円近くマイナスになっているのは、保有していたインデックスファンドでそれ以上に利益確定しているからです。

 

運用上はプラスなのですが、利益確定に伴い多大なる税金を払っているため増えている感覚がありません。

 

株辛い。

 

続いて、リスク資産のアセットアロケーションです。

 

2017年10月末のアセットアロケーション(リスク資産のみ)

資産クラス 金額 割合
国内株式 3,717,735円 6.51%
先進国株式 34,054,974円 59.67%
新興国株式 6,073,026円 10.64%
国内債券 6,980,832円 12.23%
先進国債券 3,786,740円 6.64%
新興国債券 1,893,370円 3.32%
国内リート 564,500円 0.99%
先進国リート 0円 0.00%
新興国リート 0円 0.00%
リスク資産計 57,071,177円 100.00%

 

株式比率が高くなってきましたが、代わりにキャッシュポジションを多目にしています。

 

上がることもあれば下がることもあるのが相場ですので、ここはひとつポジポジ病を発症させず、いざという時にも出動できるようにしておきたいところです。

 

最後に、ポートフォリオです。

 

2017年10月末のポートフォリオ(リスク資産のみ)

保有している商品(銘柄)は以下の通りです。

 

インデックス投資を始めた頃はポートフォリオの中心に鎮座していたeMAXISバランス(8資産均等型)を全て売却しました。

 

その資金は配当狙いの米国株などに回しているのですが、決算でコケたり経営上の問題が発生しているような銘柄も逆張りに近い感覚で購入しています。

 

落ちるナイフよろしくこのまま株価が下がったとしても(こちらが期待する以上の)配当を吐き出し続ける限りは保有するつもりです。

 

資産クラス 対象指数 銘柄名
バランス - 世界経済インデックスファンド
国内株式 日経平均 ニッセイ日経225インデックスファンド
ダイワ投信-日経225(1320)
TOPIX ニッセイTOPIXインデックスファンド
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
MAXIS トピックス上場投信(1348)
JPX日経400 MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)
東証マザーズCore マザーズ・コア上場投信(1563)
- 日産自動車(7201)
先進国株式 MSCIコクサイ ニッセイ外国株式インデックスファンド
DCニッセイ外国株式インデックス
上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)
S&P500 上場インデックスファンド米国株式(1547)
S&P米国優先株式 iシェアーズ 米国優先株式 ETF(PFF)
- AT&T(T)
アルトリア グループ(MO)
インターナショナル ビジネス マシーンズ (IBM)
グラクソ スミスクライン ADR(GSK)
サザン(SO)
スキャナ(SCG)
フィリップ モリス インターナショナル(PM)
プロクター & ギャンブル(PG)
ヘルマリック アンド ペイン(HP)
新興国株式 MSCIエマージング 三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド
上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)
FTSEエマージング EXE-i 新興国株式ファンド
SET50 NEXT FUNDS タイ株式SET50指数連動型上場投信(1559)
MSCIフロンティア100 iシェアーズ フロンティア株ETF(1583)
国内債券 NOMURA-BPI ニッセイ手数料無国内債券
国内リート 東証REIT ニッセイJリートインデックスファンド
- スターアジア不動産投資法人(3468)
さくら総合リート投資法人(3473)

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

それを望む全ての方々が、資産形成で成功しますように。

 

今日は以上です。

-総資産公開